>コラム>カタログギフトの内容はグレードで変わる【香典返しの相場】

カタログギフトの内容はグレードで変わる【香典返しの相場】

女の人

香典返しの金額は、いただいた香典の半分から3分の1の額にするのが一般的です。1万円の香典をいただいたら、5千円程度の品を贈りましょう。親族の中には、故人に特別な気持ちを込めて、高額の香典を用意する人もいます。また残された家族にまだ小さいお子さんがいて、遺族の今後を考えて高額の香典を渡すこともあります。その際に用意する香典返しは、平均的な相場として4分の1程度の額でもよいとされています。どんな品を贈るか悩んだら、相手が品を選べるカタログギフトを利用するといいでしょう。また香典返しを不要と挨拶状などで知らされた場合は、香典返しをすることは失礼に当たります。相手の気持ちを尊重することが大事です。ただお礼は伝えたほうがいいので、葬儀に参列していただいたことや、無事に法要を済ませたことを伝えるお礼状を贈りましょう。

香典返しの品として、近年カタログギフトが人気を集めています。そのためカタログギフトを扱う業者も増加傾向にあります。競争が高まることで、品質もよくなり、バラエティー豊かになりつつあります。ですから、カタログギフトの業者選びでは、ぜひ内容を重視して選ぶことをおすすめします。カタログギフトは一見どれも同じに見えてしまいますが、ネットで購入する場合も、電子カタログで中身をチェックしましょう。電子カタログなら、カタログの全ページが閲覧できます。ザッと目を通すことで、どんなジャンルのものが扱われているのか、品数はどれくらいあるのか、商品を見やすいレイアウトになっているか、といったことを確かめることができます。

カタログ